スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ワンポイント英会話1
2006 / 10 / 31 ( Tue )
本日から、
(株)EIENの掲示板
実践で使えるワンポイント英会話のダイアログを紹介します。
それをここにも更新していく予定です。


これさえ覚えておけば、
海外旅行も怖くないw

実生活の実場面で使えそうなフレーズを想定して、
旅行や海外に行ったとき想定しうる会話を書いていきます。

では第一回目は、基本的な挨拶です。

How are you?

iijima: Hi, How are you?
chiaki:I'm very well. How are you doing?
iijima:I'm pretty good,too. It's fine day, isn't it?
chiaki:Yes it is. But I love rainy days.
iijima:You do? I do,too.
chiaki:Anyanyway,I have to go now.See you.
iijima:See you later.


科学的根拠に基づく長期記憶システム

ネイティブではない人が英語を話せるということは、
まずは英語表現を暗記し、
その活用の練習を通じて記憶に蓄えて、
そして、
使いたいときに無意識的に言葉として発することができることを意味します。
ドイツの心理学者Ebbinghausの研究によると、
人間の記憶は時間の二乗に反比例するために、
記憶してある英会話の文章は時間が経つにつれ急激に減少します。
減少する記憶を長期記憶として永久に保存するためには、
反復以外に効果的な方法はありません。
しかしながら、無条件的な反復ではなく、
忘却曲線の周期に従い、適切な時点で適切に反復を繰り返すと、
永久保存する効果的な記憶に繋がります。

http://www.eienjapan.com/program3.htm
から抜粋。
スポンサーサイト
20:30:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
けいさんの体験談その3です
2006 / 10 / 30 ( Mon )
メールを送って下さったので私が貼り付けます。


せっかくフィリピンまで来たのです。
でっかい一軒家でのびのびと暮らしてみたい、
その夢が膨らみました。
何せ5,6万でその夢が実現しちゃいますから、
やたらとでっかい家しか目に付かなかったです。

多くの方がヘルパーさんやベビーシッターを
上手に使いその夢を実現していらっしゃるのに、
私はここの豊富な食材をもって一人で、
本気で頑張ってみることにしました。
だけど、
大きな家を私一人で管理するのは所詮無理に決まっているし、
結局毎晩三人で肩を寄せ合って寝る部屋一つあれば充分でした。

早々今度は3LDKのマンションに引っ越しを。
いつしか東京のごたごたに慣れっこになったみたいで、
途轍もなくでっかい居間が徐々に面倒臭く思えてきましたので、
6月子供達の学校が始まる頃には、
既に2月から数えて3度目の引っ越しをしました。

今のマンションはこぢんまりと実によく整備されていて、
やっと私達にぴったり合う生活をみつけることができました。

5階立てのこのマンションの1階にはYくんが住んでいます。
彼は関西から今年初めここバギオの韓国系の英会話学校に来て、
今や日常会話以上を話せるようになり、
暫く関西の実家に行っています。

その他にもうちの娘が、
エレベーターで偶然2階の部屋に韓国人のルームメートと
越してきた日本人の女子大生に会って挨拶を交わしたことがあったそうです。

ここバギオには、
現在正式に登録されている日本人の方が30人ほどいらっしゃるって聞きました。
殆ど2世3世の方々だと伺いました。
それから損さんのご紹介で、ここ現地の方と12~3年前結婚し
ここバギオでお子さん三人を出産、
育児の傍らにブレントスクールで日本歴史を
教えながらNGO活動も積極的になさってらっしゃるSさん。
お会いすれば誰もが彼女の格好いい生き方に惚れることでしょう。
ここでの生活を熟知してらっしゃるので現地の方と結婚なさっている日本人の方は
もちろんここで生活なさっている外国人の方々への相談や支援、
思い掛けないトラブル
にも大きな力になって下さいます。

それから、韓国の男性と12~3年前結婚、
ここバギオに移住する1年前まで
韓国で生活なさっていたTさん。
彼女にも3人のお子さんがいらっしゃいます。
Tさんとは時々子供達が学校に行っている昼間お茶やお食事、
お買い物など、
楽しくお付き合いさせて頂いています。

そして、京都のある大学院生のHくん。
ここバギオで3,4ヶ月英会話学校を無事終えて今月末には
帰国するって聞きました。

新しい生活の楽しさにとっぷりとはまり、
色々お付き合いも増えてきて、
私が毎日せっせと怠けている間、忘れちゃいけないOさん。
すごく勉強熱心で私とは大きく違って英語もここ数ヶ月でぺらぺらです。
お恥ずかしいばかりですけど、私チューターも勉強も全くしていませんでした。
殆ど言い訳に過ぎませんけど、
日に日に子供達の英語力が余りにも上達しましたのでつい私のことまでは油断してしまいました。
私にとってもせっかくのこのチャンス、
無駄にしちゃ勿体ないです。
11月からは心機一転頑張るつもりです。

昨日は息子とSMモールで偶然家族ぐるみの日本人観光客にあいました。
今何が一番食べたいっていう問いに息子が納豆と答えたら、
両手を上げてとても困っていました。
バギオには韓国の食材の店が4カ所ほどあります。
SMの中にあるその一つの店には日本の食材も数多くあります。
醤油,味噌、ふりかけ、インスタントラーメンやうどんもお菓子もあるのに残念ながら納豆だけは置いてなかったです。
日本ではいつでも食卓の隅にあったその納豆が一番になるなんて、
どうせなら息子がどんな些細なことにも感謝の気持ちを忘れないちょっとしたきっかけになれたらなと思いました。

私達がバギオに来て間もなく子供達が体調を崩した時は、
損さんご紹介の韓国の牧師さんご夫妻には大変お世話になりました。
病院や車の手配やここバギオでは殆どの薬が欧米からの輸入品なので数多い薬の中から事細かく子供に必要な薬だけリスト作成して頂き、
今でも重宝しています。
子供達が元気になるまでわざわざ何回も私達の様子を見に来て下さったことや
自宅にお招き頂いた時は美味しいお食事でのおもてなしまで改めて心から感謝申し上げます。

私が携帯をなくした時も損さんからまた現地のお巡りさんを、
ご紹介して頂き、
色々と手を尽くして頂いたことや、
そのお巡りさんの親戚のお子さんが私達子供とは
偶然にも同じ学校でしたので、
そのお母さんとは今でもいいお友達になりました。
子供達のSSP VISAのため銀行口座を開く時も快く手を貸してくれました。

ここバギオには韓国の方が沢山おられます。
韓国ではお子さんの教育のためお母さんお子さんだけで外国で生活することがそれほど珍しくなく、
子供だけを何処かに預け留学させたり、
どなたかお一人保護者の元に親同士の知り合い関係でそのお子さん達をお預け留学というのもよくあります。
韓国ではどんな形での語学研修もあっさりと学校の出席に反映されますので夏休み冬休みが近くなると短期間の語学留学で益々韓国の方がよく目に付きます。

私達のマンションにも韓国の方が結構おられまして、
子供達が学校や英会話学校に行っている間、
英会話学校はもちろんここバギオで新たに
大学や大学院を通っている方も少なくありません。
気の合った保護者同士チームを組んでチューターを受けることもよくあります。
お茶、お食事、マッサージ、ゴルフ、ダンス、ヨガ、テニス、スウィミングなど
それぞれ様々な趣味を通して子供の学校やチューターの情報その他諸と。
どこの国でもやはりお母さん達の口コミは凄いです。

時々子供達を交えてバーベキューを楽しんだり、
大人同士ビールで乾杯なんて
始めたらつい夜明けまで会話が弾むこともしばしばです。

お隣の韓国では国を挙げて、
語学研修のためちょっと外国まで足を延ばす位ほんの朝飯前の出来事のようです。
あんな大げさに意気込んでいた数ヶ月前の私のことが、
今になっては遙か昔のことのようにも他人のことのようにも思えてしまうのは、
その分だけ私にも余裕ができたということでしょうか。

正直言うと、
ここに移住する当初は果たしてどれだけの期限、
どれだけの成果をあげられるか
確信はなかったです。
子供達の様子を見ながらその次を考えることにしていました。
間もなく娘自身が3年期限を設けましたので親としてしっかり応援したいと思います。

いつの間にか娘は、中学3年をここバギオで、
他の英語圏の外国で高校大学を、
大学院は日本でと決めていました。
子供の力は私達大人の想像をどんどん超えて遙か先を行っていました。
ここバギオでなら、なんてことなく応援もできるけど、
他の外国だなんて。
これじゃ、お父さんにはどんどん頑張ってもらうしかありませんね。

取りあえず今は何より先ず、
私達に与えられたこの3年という大きなチャンスを是非とも我が物にしたいです。
17:01:56 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
いざ、出陣!!!
2006 / 10 / 30 ( Mon )
いよいよ、(株)EIENが11月1日から、
正式に稼働するようになりました。

その前に、ここに会社のHPを公開しますので、
ご意見があれば寄せて頂ければ幸いです。

そして、
11月からは、URLも正式に決まりますので、
そのときは、
皆さんの口コミの宣伝等もお願いしたいですね。
関連サイトへのURLを貼り付けて、
コメントを残すとか。。。

11月1日は変わります。
臨時URL

(株)EIEN

http://www.eienjapan.com/index.htm
00:27:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
フィリピンへの偏見
2006 / 10 / 29 ( Sun )
フィリピン移民局の発表によると、
2005年1月~3月の間に入局を拒否された外国人は305人でした。
その中で日本人が110人で、
中国人29人、韓国人28人、インド人17人、アメリカ10人など、
遙かに多い数となっています。
その入国拒否理由として、
パスポートの偽造、ヤクザ、往復チケットの未所有、移民局職員に対する傲慢な態度などが原因であることが発表されました。

フィリピンは出稼ぎで外貨を稼いでる国です。
香港でメード、欧米で看護士、日本でホステスというふうに。
英語を使うために日本への出稼ぎは、
日本語ができないために、コミュニケーションが取れないから、
メードも看護士もできないわけですね。

後は、893関係で、麻薬や銃などを持ち込んだり、
そこに逃げ込んだりするなど、
このような理由で悪いイメージばかりだと思います。

もちろん、貧富の差が激しいために、
貧困層が暮らす地域に入ると、
外国人が狙われやすいのは、ある意味では当然です。
人間が悪いのではなく、ものほしさで。。。
アメリカのニューヨークだって、
同じです。

旅行関係の情報にも、
ゲリラや反政府軍とか、クーデターなど、
まるで戦争時のように報道されます。
確かに、南の島には反政府運動やイスラム原理主義など、
危ない地域がありますが、
マニラやバギオなどがある、
本土の治安は全く問題ないです。
海外に行ったときに守らないといけない最小限の警戒だけでいいです。

デメリットよりはメリットが多ければ、
それをとるべきではないかなと思います。
わずかなお金で、日本では味わえない生活ができて、
日本では高くてできなかったことが何でもできるし、
特に、英語なんかは、2-3ヶ月で、
会話ができるようになるって、
かなりのメリットではないかなと思います。。。

私は家族をそこに滞在させているし、
3ヶ月以上の滞在で、
しかも、創業のための、踏査だったので、
ありとあらゆる場所や実情を調べてましたので、
だいたいのことは知っているつもりです。
英会話ではなく、他のことでもいいですから、
疑問点がありましたら聞いてください。
知らないことがあれば、現地のスタッフに調べさせてでも、
お教え致しますw
11:55:32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
よしさんのフィリピン体験談
2006 / 10 / 29 ( Sun )
私はカナダとフィリピン両方に行った経験があります。
カナダは観光のようなものですが・・・
フィリピンは英語の勉強に行きました。

フィリピンで英語の勉強をしようと思ったのは、その安さにもありますが、多くのフィリピン人が英語を話せるという情報を友人を通じ手に入れたからです。

日本人にとって、フィリピンは危険だという偏見を
マスコミによって持っているかたもいると思います。しかしフィリピンには現に多くの韓国人が英語を勉強しに、そこにいるという現実が安全性というものを物語っているのではないでしょうか?

だからといって、韓国人ばかりの学校に日本人が行くことを私はお勧めしません。実際にそのような学校に通ってみて気が付いたことがあります。それは、生活習慣の違いによるストレスです。
韓国人が悪いという事を言いたいわけではありません。
ただ一緒に生活をしていくうえで、日本人と韓国人による生活習慣の違いでコンプレインをだす人は結構いましたから。

本当に勉強を目的とするなら、勉強以外でのストレスは出来るだけ感じたくないですよね。
そういった点で、私はEIENさんを推薦します。
快適な暮らしと、よく出来たカリキュラム。
日本人にとって、最高じゃないでしょうか。

フィリピンについて、もっと知りたいというかたや、まだ不安を感じている方もいると思います。
ですから次回、私はフィリピンのメリットとデメリットを簡単かつ
わかりやすく掲載さして頂こうと考えています。

よろしくお願いします。

----------------------------


前回はメリット、デメリットを簡単かつ理解しやすく掲載する。
と書かして頂きましたが、その前に少し私の経験談を掲載さしていただきます。

私には、韓国人の友人がいます。
その子から推薦され、フィリピンへ英語の勉強をしに行くことに決めました。
フィリピンには多くの韓国人経営の英語学校があります。
その中で、一番人気のある学校を選びました。
初めにクラスわけテストがあるのですが、運が良いのか悪いのか、新入生で一番上のクラスに日本人でただ一人はいることが出来ました。
その時の、日本人新入生は6人なので、あまりたいしたことはないですが・・・

そこは韓国人経営の学校なので、もちろん韓国人は沢山います。
(シーズンになると200人弱)
私は、最初
「これは英語を使う良い機会だ」
と、喜んでいました。

しかし、そのクラスには日本人は私ただ一人。
韓国人が固まってしまうと、学校では禁止されているにもかかわらず、どーしても母国語ばかりを話すのです。
韓国人がみな、と言うわけではないのですが・・・
さすがに、私のモチベーションは一気にさがりました。

これは、韓国人が悪いわけではありません。
日本人も固まれば韓国人に対して、同じ事をする人は少なくないと思います。
照れからくる問題ですね。

あと、前回話したように生活習慣の違いです。
私の通っていた学校は料金によって、二人部屋三人部屋と選べるようになっています。
私は安さに引かれ、三人部屋を選びました。
もちろんルームメイトは韓国人。
人の引き出しは勝手に開けるは、人のものは勝手に使うわで、驚くことばかりでした。
私が運悪く、そのような人達と同じ部屋に選ばれただけかもしれませんが・・・
これも個人差があるように感じました。

ただ、日本人が韓国人の行動にクレームをだす人も何人かいました。
私のような体験をしている人は少なくないようです。

これは、韓国人の仲間意識からくる生活習慣のようです。
「お前のものは私のもの。私のものは、お前のもの」
という、感じでしょうか。

私はこのブログを通し、韓国人の批判をしているわけではありません。
実際私にも今、数人の韓国人の友人がいますから。
ただ、その友人達は日本人の生活習慣、そして私自身をよく理解してくれているように感じました。

つまり私が何を言いたいのか、(韓国人が沢山いるから英語を使うチャンスが沢山ある。)という考えは大間違いです。
大切なことは、いかにクォリティーの高い場所で、どれだけ質の高い勉強をするか。

個人のモチベーションは、少なからず周りの環境から影響されていると思います。
フィリピンで学ぶ英語は、「とてもすばらしい事だ」と、実際経験した私はそう感じました
他国に留学、ワーホリやビジネスをするためのステップアップの助けになるとも思いますから。

ただしやるからには、日本人にあった環境で勉強することをお勧めします。

勉強以外でのストレスは気が付かないうちに、個人のモチベーションを下げますから。

00:54:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
私の体験談
2006 / 10 / 28 ( Sat )
そういえば、私も実は家族をそこに移住させた張本人なので、
私の経験も少しずつ書いていくことにします。

先ずフィリピンへの子供の早期留学させたのは、
日本しか知らない狭い世界観を、
子供に植え付けるのがいやだったわけです。
世界は広く、なすべきことは多々あるはずです。

そこで、早期留学を考えました。
もちろん、まずは、欧米を真っ先に考えまして、
弟が住んでいる、LAに送りました。
多くの東洋人が経験することでもありますが、
虐めまでは行かなくても、
やはり、差別的な目線を感じざるを得ない。
英語が話せなくても感じる見たいですね。
世の中は常に自分より馬鹿を捜さないと、
不安で不安で生きていけない。
その対象に、欧米ではどうしてもなってしまう。
しかも、銃社会でもあり、
決して安全だとは思いませんでした。

次に思いついたのが、
アジア圏でありながらも英語圏であるフィリピンでした。

私ももちろん、すごく不安に駆られました。
果たして危ないフィリピンに家族を残しておくのは大丈夫かなと。。
すでに、フィリピンを経験してる後輩とかに情報を集めましたが、
全く問題はないと言われて、
観光のつもりで行ってみましたが、
びっくりすることばかり。。。
マニラは綺麗なところは日本よりも綺麗で、
椰子の木がある現代都市でした。
そこで会う現地の人は、
皆が笑顔で優しいし、
英語が話せない家族にも気軽く声をかけてくれたりするし、
考えてみれば、南国の人は、
沖縄と同じく大らかな性質の人々であるんですね。。。

欧米と異なり、
まずは、感じなくてもいい差別を感じない点が気に入りました。
現地の方には申し訳ない話ですが、
貧富の差が大きいだけに、
我々はわずかなお金でも、
現地の富裕層の生活ができるわけです。

早速家を契約して、
日本では味わったことのない富裕層の生活を満喫しましたw

PA0_0003.jpg


この7LDKの3階建てが日本円で6万ですw
家が大きいから家政婦を二人雇いました。
一ヶ月二人で1万2千円。
車は日本の中古車とそれほど変わりませんでした。
約50万円前後で購入して(今入らないから48万で売りましたw)、
運転手兼ボディーガードを雇い、
月に1万2千円です。

それ以外にも物価の安さには感動しました。
いったい日本での生活は何だったんだろうと。
タクシーなんかも100-円ならバギオしのどこでも行けるし、
一度も危ないとか、汚いとか、いやな思いをしたことがありません。

これなら、いけると思い、
家族のフィリピン滞在を決めまして、
子供の学校を調べるようになりました。

学校に関してはまた書きます。

しかし、日本での貧乏性のせいか、
家族は、邸宅での生活を不便に感じはじめましたw
各自に部屋を二つずつ与えましたが、
一人では寝れずいつも家族が一つの部屋に固まるようになるw
家政婦や運転手など、家族外の人がいえにいるのが、
なんか、心地よくないw

結局、バギオの市内の真ん中にある、
小さいマンションに引っ越しましたw
マンションと言っても3階の形であって、
入ったらキッチンとバスルームやトイレ、
5段くらいの階段を下りたらリビングルームと部屋。
そしてもう一回10くらいの階段を下りたら大きな部屋。
これで一ヶ月1万5千円です。。。
日本なら、15万以上はするはずです。
私がいないので大きな家は要らないと、
このマンションに引っ越しました。。。

いまは、子供達はローカルの小学校に入り、
現地の人と韓国から来た子供達と楽しく暮らしています。
たまに電話すると、英語と韓国語で話しかけてきますw
現地の言葉であるタガログも面白げに話したりする。。。

とにかく、私の選択は間違いないと思います。
現に家族皆が満足していて、楽しく生活していますので。。。

16:11:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
よくある質問
2006 / 10 / 28 ( Sat )
Q1. マニラ市とバギオ市の治安はいかがですか?

ミンダナオ島の一部では現在でもゲリラ活動や反政府活動が行っており、大変危険です。この地域にはフィリピン人も近づきません。日本ではフィリピンのネガティブなニュースしか流れていないので、治安に対しては不安に思う方も多くおられます。しかし、マニラ校が立地しているマカティやオルティガスはマニラ有数のショッピング街であり、多くの語学院が密集しているところでもあって、安全面では問題はありません。宿舎も学校の近所の高級住宅街(ビレッジ)でありまして、学校の車での送迎をしていますので、一人で夜の道をふらふら歩かない限り、日本と同じく快適な生活ができます。バギオ校も、マニラから北に250キロ離れているバギオ市に立地しており、そこは、3-5月の真夏には大統領の避暑地として使われる「マンションハウス」などがあり、「夏の首都Summer Capital」とも呼ばれています。大統領の別荘や3軍士官学校が位置しているため、フィリピンで最も安全な都市、最も信用の置ける警察がいる都市として長年選ばれています。良好な治安状態を誇っているバギオは歴史ある観光都市であり、また1年中15-25℃ という温和な気温なので、フィリピン国内だけでなく、外国からも多くの観光客が訪れています。

Q2. 英語が話せなくても大丈夫ですか?

全く問題ないと思います。実際には日本語が通じない環境がベストではありますが、やはり最初から英語での話し合いになると不安ですね。弊社は日本人のスタッフを常駐させていますので、日本語での相談ができます。それに、マンツーマンを中心としたカリキュラムでありまして個人のレヴェルに合わせた授業になります。またほとんどの皆さんはこれまで学校教育によってある程度の英語の知識は持っています。今まで話す機会がなくそれを活かせなかったのです。マンツーマン授業と小人数のクラスで話す訓練を積むことであなたの英会話力は大きく前進するに違いありません。

Q3. フィリピンの英語の発音やアクセントは問題ないですか?

フィリピンの公用語として発展した英語は余計なスラングや言いまわしは少なく、教科書的なシンプルな英語で分かりやすいと言われています。発音が悪い人もいますが、若い人なら問題ないと思います。ちなみにお隣の韓国では、欧米諸国留学の準備過程としてフィリピン留学を選択しており、安い費用でマンツーマン授業でより早く英語を学び、それから欧米の希望する大学に留学するスタイルが一般的になっています。

Q4. 留学生の年齢はどれくらいですか?

年齢層は、韓国からこられる方々は早期留学の小学生から大学生まで多様であり、年配の方も多く来られるようになりました。日本人の方も社会人の方やリタイアをした方、仕事の谷間に来ている二十代の方や大学生などさまざまです。研修期間も4週から6ヶ月まで幅広いです。

Q5. 東京以外の出発地もありますか?

マニラへの出発は東京以外にも関西国際空港と中部国際空港と福岡国際空港、那覇国際空港からもあります。


15:28:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
その他のオプション
2006 / 10 / 27 ( Fri )
その他のオプション

●ゴルフコース

(株)EIENでは英語研修の他にゴルフ研修も開講しています。
フィリピンは東南アジアでもゴルフ天国として知られています。
マニラ近郊には車で1時間以内の圏内で、約30コースもあります。
費用も安くプレーヤーの数も少ないので、
のんびりとゴルフを満喫することができます。
本コースでは、
フィリピンでベスト10に入るプロゴルファーが親切にお教えします。
英語は勿論同時にゴルフまで格安価格で楽しむことが出来る絶好のチャンスです。

・研修費用
英語研修の費用プラス15000円、1日1時間(実質50分)のレッスンが、
1ヶ月(20日)受けられます。
・フィールドゴルフ研修
コーチ : フィリピン上位プロゴルファー
コーチ同行料:2500円
ゴルフクラブ貸出料:3000円(フィールド研修の時のみ必要です)           フィールド研修にはその他実費が必要です(Green fee,キャデー費等)

●ダイビングコース

(株)EIENでの英語研修とともに、
フィリピン最高のアクティビティーの中のひとつである、
ダイビングに挑戦してみませんか?
ライセンスを取得してすばらしいフィリピンの海を満喫してください。
・研修費用
英語研修の費用プラス50000円で、
2泊3日のダイビングライセンス取得コースに参加出来ます。

場所:バタンガスまたはミンドロ島等
期間:2泊3日
費用:50000円
ライセンスの種類:オープン・ウォーター・ダイバー

●その他のオプション

その他に、各種楽器のレッスンやマリンスポーツなど、要望に応じて増やしていく予定です。その他にも旅行や各種趣味活動を追加したいときには、弊社が調べてお答えします。そして現在でも可能であるなら、英会話授業と併行して行えるようにスケジュールを組み直します。そして、それに応じた費用になります。
00:06:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
その他のカリキュラム
2006 / 10 / 27 ( Fri )
マニラ校とバギオ校はカリキュラム以外に、
以下のようなコースももうけてます。。。

●その他のコース

以下のコースは、
既存のカリキュラムをベースにしながらも、
それぞれの要望に応えて、
事前カウンセリングを行い、
それにお応えしたカリキュラムをレヴェルごとに作成いたします。
完全カスタマイズレッスンなので、
他にはない充実した英会話レッスンを、
マンツーマンで受けることができます。
ご家族やお友達、あるいは様々な団体がそれぞれの目的にあわせて、
快適な環境でフィリピンの生活をエンジョイしながら英会話をマスターできるようにします。
滞在の形態もホームステイ、ビレッジ、コンドミニアムなど、
様々なオプションをご用意しております。
費用はその全体のスケジュールによって異なりますので、
相談の後、決まります。

●親子研修

ご家族同士で安心してフィリピンの生活をエンジョイしながら英会話をマスターするコースです。家族の構成や趣味、英語のレヴェルなどを事前に相談し、ご要望に応えてカリキュラムを作ります。

●ジュニアコース
お子様の英語キャンプです。国内で英語に馴染むのはなかなか難しいと言われております。英語圏で自然に英語に接しながら楽しんで英語を身につけることができるコースです。このコースは5-10人の団体で行いますので、仲良しのご家族同士やお友達同士でご一緒に申し込んで頂きます。

●早期留学
小中高の学生を対象とします。(株)EIENの英会話学校で英語を勉強し、英語で授業を受ける水準になると、現地にあるインターナショナルスクールやローカルスクールを紹介します。その後の勉強だけでなく生活に関しても積極的な管理を行います。

●シニアコース
団塊世代や高齢者を対象とします。相談の上、ご要望のカリキュラムとスケジュールを組みます。ホテルで滞在しながら、学校に行かなくてもホテルに先生を呼んでマンツーマンの授業を受けることもでき、予定の授業の後は、各種文化活動を楽しむことができます。

●学校法人あるいは企業法人の英会話研修とオンライン英会話:

英語を専門としながらも英語が話せない学生を輩出する大学、社員の英語研修の費用で悩んでいる企業。相談に応じて、学生や社員の英会話教育を行います。現地に行く方法以外にもオンライン英会話でも可能ですので、ご相談承ります。
00:00:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つまらない安定より楽しい冒険を
2006 / 10 / 26 ( Thu )
海外に行ってみると、
日本社会が、いかにすばらしく、
そして安全で、いいシステムの国であるかを分かります。
観光の場合は関係ないかもしれませんが、
現地に住むことになると、
現地の住民やシステムのいい加減さに、
実にうんざりします。

たとえば、フィリピンの場合にも、
現地の人と仕事とかしてみると、
高血圧で倒れそうですw
よく言うと、
おおらかな性格ですが、
悪く言うといい加減ですね。。。
時間はルーズであり責任感もない。
しかし、それは本当ですかね。
我々は日本社会に余りにも慣れてしまったのです。
そこには、無秩序に見えても、
混沌としてるようでも、
そこならではの秩序があり、
私はこれを、
カオスchaosの中のオーダーorderと言います。
一見、すごく混乱してるように見えても、
その中の秩序が存在するのです。
だって、戦争の中にもそれなりの決まりが存在するし、
その秩序の中ではないと生き残れないからです。
そのような秩序は、
自文化にぬれていると、
なかなか見えてこないし、
結局は、とけ込めずに、無視してしまう結果になります。
文化は正否ではなく、差異なのです。
この多くの差異を身につけることこそ、
国際人でほかなりません。

この楽しさは、自文化の中では絶対に味わえない。

さて、安定していると言いましたが、
それは楽しいですか?
子供の未来は本当に安定するのでしょうか?
朝の出勤のラッシュアワー、
終電での疲れ切った顔の人々。。。
果たしてご自分が本当に何がやりたくて、
本当に楽しいことをやっているのでしょうか?
もしかすると、
ただ、時間を浪費してるのではないでしょうか?
少し安定してる生活のために。。。。
本当にやりたいことをやれるのは、
実はほんの一部の余裕のある人だけです。
少し分けてくれる楽しさに我々は身を売ってることかもしれませんね。
それは本当に楽しみではなく、
偽りの楽しみです。
いや、実は苦しみでしょうね。。。。
私は苦しく見えても、
楽しい冒険を選びます。

うちの子供だけは、
日本で生まれて日本しか知らない日本人には育てたくないです。
そのためにフィリピンに移住させました。
もちろん、2-3年の予定ですが、
この間の彼らに与えられる試練は、
決して無駄ではないはずです。
約4ヶ月経ちますが、
すでに英語はぺらぺらです。。
日本より後進国なので、
その中では、最高の水準の生活も保障されます。
日本じゃないから感じるストレスは、
より大きな力になって、
彼らの未来を照らすはずです。
欧米に行くと、
誰しも経験すると思いますが、
東洋人を馬鹿にする視線を感じざるを得ない。
そのような劣等感よりは、
優越感を感じさせて自信をつけさせたいですね。。。
私の選択は間違いないと思ってるし、
それは子供の未来に証明されるでしょう。

現に私も海外での生活が長いです。
どこへ行っても、違和感を感じるところか、
楽しくてどうしようもない。
違いを楽しむ、この楽しさ。。
やめられないですw

このことは、子供だけに限る話ではないです。
我々大人も同じでしょう。
しかし、我々庶民は、
そう簡単に海外に行って生活する余裕もないです。。。
だから、フィリピンは、
そういった意味においてかなり魅力のある国です。

13-5万で英語が身に付いて、
このような差異を楽しむおもしろさがあるからです。
15万では日本ではやっと一ヶ月生活ができるかどうかのお金。
これで、
英語を身につけて、
快適な生活ができるなら、
決して大きなお金ではないはずです。
英語だけでなく、
様々な文化的レッスンを安く身につけることもできます。
日本では高くてあきらめていた様々なレッスンを受けることもできる。
このような楽しい冒険を、
私は提供したく思います。

会社の登記が済みました。
HPも来週には一般公開できると思います。
皆さんのご声援、
よろしくお願い致します。。。
23:27:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家族体験談2
2006 / 10 / 26 ( Thu )
今の世の中は有りとあらゆる情報で溢れ変えています。
目まぐるしいこの情報社会の中で私自身常に混沌としていて、
10年先はもちろんわずか1年先のことすら
どういうことになるのか全く見通しが立たない。。。
ふっと思いついたらダラダラと流されてばかりでした。
無責任な情報に囚われ右往左往不安で一杯だった日々。

もうたくさんウンザリです。

 私自身、
一流大学をでたわけでもなく、正直頑張ろうとも思いませんでした。
何かの専門職についてバリバリと仕事をやりこなす遣り手とはほど遠い、
それとも何かしら手に職をつけるほど根性もない。
ただ不器用に打ち込んだ恋愛の末結婚をし、
紆余曲折を経て子供二人をもうけました。

その子供達が幾ら私達にとってはかけがえのない宝ものであっても、
しかし決して私達子供が、
特別な存在であるかのような錯覚はしないことから先ず始めました。
子を持つ親ならご存じでしょうけど、
時々全くの親バカになってしまうことがよくありますよね。

子供は愛で育つものだと堅く信じ、無駄なことは省くことにしました。
この限りなく湧き出る親としての愛情に関しては得意中の得意です。
下手な欲はすっぱりと切り捨て、得意を活かすことしかないと思いました。
余計な情報や口コミに囚われない、余計な口も挟まない、余計な手も貸さない。
ずばりチャンスを与えることで十分だと思います。
後は親の愛情と子供自身の力で心置きなく世界に羽ばたくはずです。

皆さんもご存じのように、
この溢れる情報の中選択肢は幾らでもあります。
私達は先ず、
この居心地のいい巨大な日本という温室から抜け出し、
世界観を今もう一度改めることにしました。

旅行と居住とはかなりの違いはありますけど、
外国でちょっと長居すれば気が付くでしょう。

何でこんなにちゃんと並ぶことができないのか、
何でこんなに時間通り動いてくれないのかしらと。
もう少し遠慮しながら公共場所を利用できないかしらと。

色々な場面でいらいら、むかむかっと込み上げてくるものを
ぶつけるところも相手もいないことにつくづく孤独にもなり、
ろくに英語もしゃべれないことについつい弱気にもなるでしょう。

善し悪しを私一人だけで決めつけることはとても無理です。
しかし日本は私達には凄く居心地のいい所だということだけは
さんざん分かってきました。

しかし、果たしてそれでいいですか?
東京のある下町で生まれた私達子供の人生をそれで終わらせて
あなたはご満足?
今からという子供達に私達大人ができることと言えば、
限りない可能性を持って生まれた彼らにできるだけのチャンスを
与えることが私達大人の何よりの役目だと思います。

子供がどこでどんなことで花咲くのかは神のみぞ知る。
時には遅咲きっていうのもぜひ忘れないでくれぐれも焦らないで下さい。

一つの例としてあげますけど、うちの娘は、
何ことにも前向きで勉強熱心で積極的に自分から立ち向かっていくた質ですので、
今自分を取り巻く環境なんてどんどん自分自身にあわせ、
如何に快適に過ごせるのか、まるでその骨を掴めているようです。
頻繁に外国に連れ回した甲斐があります。

当たり前ですけど、
息子は娘とは異なる感性の持ち主で要領の悪い正直もので、
平日も休日もお構いなく大勢の友達と走り回り、勉強なんてそっちのけ。
毎晩のように近所の銭湯に出かけては、
町中のおじいちゃん達を虜にする人気ものでした。
そんな彼を取り巻く環境が突然大きく変わった今、
俄にこれがベストだとは言い難いですが。 

それもまた、恐らく私達が世界あらゆる国で生活していても、
十分にあり得る想定内のことですので慌てることはないと思います。
温室の外にはそれは荒波もあります。
今度はその荒波を一つ一つ自分の力で乗り越えていって、
格好いい男になっていく様子を私は今から楽しみにしています。

日本という井戸から見上げた空がどれほどちっぽけなものだったのか。
ほら、ちょっと外に出てご覧なさい。
見上げると、そこにはどこまでも続く空がありますから。。。
あなたにもきっと見つかりますよ。
14:57:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大手旅行社との提携!!!
2006 / 10 / 26 ( Thu )
大手旅行社2社とのプレゼンが決まりました。
もし、うちの商品をそこで買い取ってくれることになると、
創業早々、大きなチャンスが訪れますね。
まあ、これからのことではありますが、
かなり期待はしています。

全国ネットワークですから、
むしろこっちの方が大変かも知れませんね。
何せ学校でありまして、
いくら頑張っても300人以上は無理ですからね。
質を落とすわけにはいかないし。。。
とにかく、頑張ります。。。
14:09:09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
語学は結局コミュニケーション
2006 / 10 / 26 ( Thu )
語学を学問として研究するのは専門家だけで十分です。
我々は語学学者になるために英語を勉強してるわけではない。
通じればいいです。
しかし、残念ながら、
今の日本の教育では全く無理ですね。
逆です。
まずはコミュニケーションが取れないと、
語学をやる意味がないです。
その後、文法とかが必要になってくるわけです。

ぴりめんさんとのやりとりがコメントにありましたが、
大事な点だと思いまして、
ここにもう一度アップします。


Posted by ぴりめん
NHKの「新感覚☆キーワードで英会話」で単語のコアイメージで「cut」を使った例文が出てたのですが、「cut」の部分「stop」じゃ何でダメなんでしょうか?
Will you cut the talking,please?

あと、リスニングは、言い回しがつながる言葉が聞き取れず難しいです。orz

ところで、先生の会社は英語まったくの無知の方でもOKなのですか?それとも最低限中学生程度の単語は覚えておいてほしいとか条件あるのですか?

2006.10.25 Wed 21:06 URL [ Edit ]


Posted by 損正義
こんばんは。
やっと帰宅です。
二つの観点で考えられます。
文法的に言いますと、
stopは2形式自動詞であるから、
名詞のthe talkingを使えませんね。
cutは他動詞であるから名詞のthe talkingを使えますね。
stop----ingは可能でしょう。
これは熟語で覚えてるでしょう。
だから、theがあるかどうかによって、
cutかstopかが決まりますね。
cutは3形式他動詞なので名詞である目的語を使えます。

ところで、実際的な会話では、
前後の雰囲気や文章がないと分かりませんね。
だいたいこういうことです。
cutもstopも、
both are not good.
you can say,
「teacher, please slow down,I can't catch up.」
as a sentence,「Will you cut the talking,please?」
it's correct.but it's rude.
and you say that when you're angry.
stop is understandable.
it's doesn't sound as rude as cut the talking.
by the way,
will you cut the talking please is the same as " shut up! "
stop is more acceptable
depending on the student's ability of course.

こういうことではないでしょうかね?
実際的には、外人は間違った英語を一杯使ってます。
文法は日本人よりも下手です。

前後の文章は分からないが、
会話的にはそれほど致命的ではないです。
もちろん使わないでしょうけどね、一般的には。。
ただ、文法的には、stopは使ってはいけないです。
会話的には、
むしろカットよりはストップの方が柔らかい感じかな。
まあ、動作的なニュアンスもあるのはあるが。。。
stop talking about...
のように。。

さて、
うちの会社は全く素人でもかまいません。
日本人が英語を話せないのは、
教育のせいです。
英語圏の人は子供もあほもw
全て英語で話します。
文法から入って、試験のための英語を勉強したので、
会話ができないだけです。
現地に行くと、自然に覚えるようになります。
物価が安いので、楽しみながらできることです。

つまり、全く条件はないです。
現地に着いてすぐテストを行い、
そのレヴェルに合う講義を受けることができます。
マンツーマンでやるから、
全く英語を知らなくても、
2-3ヶ月なら、基本的なことは話せるようになると思います。

来週からはHPも一般公開できると思いますので、
エイエンの方も宜しくお願いします。。。


00:01:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
比・加の比較
2006 / 10 / 24 ( Tue )
比律賓での英語留学と、
現在加奈陀留学中のあやこさんが、
ご自身の経験をブログに書いてまして、
なるほどと思って転載します。

ただし、
彼女の通っていた比律賓の学校は韓国系で、
特にT宗教団体の資金でもありまして、
進めたくないですね。
しかもマンツーマンの授業が、
(株)EIENより少ないため、
安く設定されている点を特筆したいです。。。


学費と生活費の比較について・・・
(今はフィリピンの学校も少し値上がりしてます。
ココでは、2005年9月当時)

1.学費(1ヶ月)

・フィリピン(バギオ)・・・約4~5万円強
  (マンツーマン、3:1、少人数グループクラスが受けられる)

・カナダ(トロント)・・・約12万円強
  (ONLY 大人数グループクラス、自分だけの発言時間はほぼなし)


2.生活費(1ヶ月)

・フィリピン・・・約4~5万円
  (3食、掃除、洗濯込みのホテル住まい)
  (アパートレンタルの場合8千円~2万弱) 

・カナダ・・・約6~8万円
  (ホームステイの場合7万~8万5千円)
  (アパートレンタルの場合4~10万円、いろいろあるが・・・)

3.物価

・フィリピン:カナダ
 ☆たばこ・・・80円:800円
 ☆ビール(1瓶)・・・40~50円:500~600円(barで)
 ☆卵12個・・・100円:200円
 ☆携帯代(結構使って)・・・2000円弱:6000円
 ☆Tシャツ(安いTシャツ)・・・100円:2000円
 ☆スナック菓子(1袋)・・・40円:200円
 ☆カクテル一杯・・・200円弱:600円

 *カナダはTAXが15%もかかります!!!
 *お酒を飲みに行くと、酒税も取られます。

すみません、フィリピンいた時はホテル生活だったので、
イマイチ、スーパー食材等の比較ができませんでしたm(_)m

4.遊び

フィリピン

フィリピンは、サーフィン(サンフェルナンドという所)
で、1泊食事付き、教えてくれて、板も貸してくれて
・・・1600円~3000円

バギオ~マニラまで遊びに行くのに
・・・バス代が800~900円

ゴルフもめちゃめちゃ安くできるそうです。(友達がやっていたんですが、値段は忘れました)
  
マッサージが2時間
・・・400円

まつげパーマ
・・・500円(フェイシャルマッサージ込みで、3000円)

などなど・・・

カナダ

ナイアガラフォールズ
・・・普通で行くと5000円かかるのだとか、、、

CNタワー
・・・25ドル??

トロントは、結構フェスティバルがあるので、それは楽しめますね。
トロントフィルムフェスティバルとかなら、ハリウッドスターにサインもらえたり・・・

遊びの費用は、日本並みにかかります。
プラスTAX・・・

う~~ん。
今思い出せる価格はこんなもんですかね??
せっかく他の国に行って勉強するのならば、
日本と同じ物価で勉強するのは勿体無いですね。
トロントの1ヶ月分の費用で2~3ヶ月フィリピンで英語学べますもんね。
更にクオリティーの高い授業ですし。

(カナダの学校が悪いって言ってる訳ではないです、現に今行ってる学校はとてもTOIECの勉強にはいい学校です。でも、全体的にひっくるめて考えると・・・っていうわたし個人の意見です!!)
20:41:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
英会話とそのオプション
2006 / 10 / 23 ( Mon )
とりあえずダイビングとゴルフから始めます。
後は、楽器の演奏、例えばピアノなんかも日本なら、
1時間レッスンってすごく高いですね。
それを1時間160円でできますので、
どんどんいろいろ入れていく予定です。
もう一度フィリピンに飛んでいかないといけないなw

●ダイビング研修

(株)EIENでの英語研修とともに、
フィリピン最高のアクティビティーの中のひとつである、
ダイビングに挑戦してみませんか?
ライセンスを取得してすばらしいフィリピンの海を満喫してください。
研修費用
英語研修の費用プラス50000円で、
2泊3日のダイビングライセンス取得コースに参加出来ます。

場所:バタンガスまたはミンドロ島等
期間:2泊3日
費用:50000円
ライセンスの種類:オープン・ウォーター・ダイバー

●ゴルフ研修

(株)EIENでは英語研修の他にゴルフ研修も開講しています。
フィリピンでベスト10に入るプロゴルファーが親切にお教えします。
また、体を動かし、運動不足解消などの為にもお勧めしています。
英語は勿論同時にゴルフまで格安価格で楽しむことが出来る絶好のチャンスです。
英語実力の向上と同時に、
ゴルフの実力も楽しみながら向上できるよう最善をつくします。
研修費用
英語研修の費用プラス15000円、1日1時間(実質50分)のレッスンが、
1ヶ月(20日)受けられます。
フィールドゴルフ研修
コーチ : フィリピン上位プロゴルファー
コーチ同行料:2500円
ゴルフクラブ貸出料:3000円(フィールド研修の時のみ必要です)           フィールド研修にはその他実費が必要です(Green fee,キャデー費等)
15:53:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エイエンのキャッチフレーズ
2006 / 10 / 23 ( Mon )
だいたい以下の文をHPに散らして書いておく予定です。
後はこの中から一番いいのを選んで行きたいですね。。

(株)EIEN、
WE MAKE DIFFERENCE!!! BE THE WORLD'S BEST!!!
驚くべき安さ、クオリティーの高さ、英会話はエイエン!!!

確実にバイリンガル、身につけてしまえば永遠、英会話はエイエン
誠実なサポート、低価格実現、新しいシステム、英会話はエイエン

永遠の文化財産を、文化教育と英会話はエイエン!!! 

南国の情緒と現代都市のアンサンブル!!!
リーズナブルとハイクオリティー、英会話はエイエン!!!

EIEN!!!
BE THE WORLD'S BEST!!!
13:31:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エンターテインメント関連事業
2006 / 10 / 23 ( Mon )
人間の欲求のなかで文化的な享受への欲求は、
もっとも高次元の欲求であり、
しかも普遍的な欲求でもあります。

文化産業または余暇産業は、
高度資本主義社会においては、花形産業であり大きな利益を生みます。
人間の欲望さえも金儲けの手段になるわけであります。

しかしながら、
個々人の楽しみは当人のものであり、
当人こそが楽しむ権利があるはず。
残念ながら当該社会に内属している以上そのシステムから逃れるすべは御座いませ
ん。

そのために、弊社は、当人の楽しむ権利を当人が享受すべく、
グローバル的な視点から文化の差に着目して、
驚くべき低価格の高品質な文化商品を提供する事業を展開しています。

メイン事業として英会話関連事業を、さらに、
ゴルフやマリンスポーツ、フィットネス、各種楽器や文化商品のレッスンなどを、
組み入れて事業を拡張していき、
将来的にはIT関連事業やシルバー産業にも参入する予定です。

以上のような事業を広げていく予定なので、
今後ともご愛顧のほど宜しくお願い致します。
13:20:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エイエンの英会話の特徴
2006 / 10 / 23 ( Mon )

●驚くべき低価格とクオリティーの高さで、必ず成功する英会話教育プログラム

驚くべき低価格とクオリティーの高さで、
必ず成功する英会話教育プログラム。
それは、アジア唯一の英語圏国家であるフィリピンだからこそ
実現できる費用の安さとクオリティーの高さです。
フィリピンという人件費や諸物価の安い国であるからこそ、
高度な能力を有する優れた講師を厳選し、
全ての授業をマンツーマンで行い、
滞在期間中の生活環境も日本に勝るとも劣らない快適さを提供することが、
このような低価格で実現できるのです。

●未来を見据えて

新自由主義政策は格差社会に辿り着きます。
格差社会を生き抜き、
勝ち残るための有効なツールとしての英会話の重要性を再認識しましょう。
格差社会の荒波にこれから漕ぎ出していかなければならない若者、
またリタイアした団塊世代の方々、
日本語を話して読めるだけで十分な社会が続くのはいつまででしょうか。
いずれにしても英会話を身に付けているのといないのでは、
既にそこに大きな格差が生じています。
お隣の韓国では多くの人々がこの事に気付いています。
フィリピンでの安価で効果的な語学留学ブームは韓国が発祥の地です。
そして十数年に渡ってブームは衰えていません。
このことはフィリピン語学留学の効果を証明しています。
(株)EIENはこのフィリピン語学留学の圧倒的な効果を、
為替格差を活用することで日本に導入し、
そして定着させたいとの願いから設立した会社です。

費用が高く成果に乏しい英会話学校は淘汰されていくことでしょう。
語学の習得は、
その言語が使用されている社会に飛び込むことが一番の近道であることは明らかです。
日本にいて数ヶ月間を掛けて語学学校に通って得られる効果とその費用。
一方で、
少し勇気を出してフィリピンでの語学留学に飛び込んで得られる効果とその費用。
比べてみませんか。

●(株)EIENの英会話学習の特徴

フィリピンでの英会話留学の優れた効果は、
日本人体験者なら誰でも実感するところです。
例えば、
フィリピンには数年前には1校も存在しなかった日本人経営の学校が、
現在すでに3~4校オープンしています。
その中にはかつてフィリピンでの語学留学生だった日本人が設立したものもあります。

お隣の韓国はすでに格差社会であり、
国際化社会も意識しての空前の英会話ブームが続いています。
現在のフィリピンにある外国人向けの英会話学校は殆ど韓国人経営の学校です。

フィリピンでの英会話学習の為には、
実績と信用のあるこうした韓国資本の学校に入学するのも一つの方法です。
しかし、
韓国人経営の学校は韓国人の学生が殆どであり、
その中に少数の日本人が飛び込む場合、
文化の差からくるストレスと戸惑いが当然予想されます。
実際に、韓国資本の学校にせっかく入学していながら、
中途で挫折してしまう日本人学生も少なくありません。
快適で安心できる生活環境があってこそ大きな学習効果が期待できるものと、
(株)EIENは考えます。
フィリピンでの英会話学校の運営で先行している韓国資本の学校に、
日本人が飛び込むのは上記の理由からあまりお勧めできません。
一方、最近では日本資本の英会話学校も数校開設されてきている状況ですが、
新しく参入した日本資本の学校は、
日本国内の料金設定をそのままフィリピンに持ち込んで
いる場合があります(例:月額25以上)。
あるいは、フィリピン留学を経験した日本人学生が、
その優れた効果を認識し、
自らフィリピンにおいて日本人向けの英会話学校を開設するという例もあります。
こちらは、授業料が廉価とはいえ(例:月額11万前後)、
教育機関としての経験も浅く、
その多くは日本には本社も存在せず殆どが零細な個人営業のような形態であり、
海外で想定される様々なトラブルに対応できるかどうか疑問もあります。

最近は、この分野で先行しており実績のある韓国資本の学校も、
日本人学生の獲得に積極的に乗り出しており、
すでに4~5校が日本語でのHP運営に関与しています。
そのほとんどは、自校出身の日本人学生にコミッションを与えることで、
個人がHPを作って留学生を募るというシステムで運営されています。
そのために上記の個人営業の形態と同じく、
日本には本社も存在せず、
個人の口座に現金を振り込む不安と、
現地の学校をことロールできず、
想定される様々なトラブルに苛まれます。

このように、
いまや多くの資本が、
フィリピンでの英会話教育の有効性に着目している状況ですが、
この度(株)EIENがフィリピンでの学校運営に新たに参入するに当たり、
すでにフィリピンで語学留学をされている日本人学生にリサーチを行いましたところ、
以下のようなご意見を戴きました。
日本人学生の皆様は一様に、
欧米系の英語留学よりは効果において優れていることは認めつつも、

1.韓国資本の学校は周りが韓国人ばかりで、英語以外は韓国語を使うしかない。
2.韓国資本の学校では生活文化の違いもあり、苦情を伝えても良く理解してもらえない
ことがある。
3.韓国食が好きな人でも毎日はつらい。日本食が食べたい。
4.現地には日本人スタッフが常駐して欲しい。
5.日本に本社や事務所がない場合、何か問題が発生した時の対処に不安がある。
6.現状の日本資本の学校は、韓国系と比べてカリキュラムなどの教育機関としての基本
的なシステムを備えていない。
7.日本資本の学校は個人経営の割には、あまり熱心にサポートしてくれない。現地スタ
ッフに任せきり。
等々、やはり様々な御不満がありました。

以上の御不満からは、
この分野で実績と信用を築いている学校であっても、
やはり韓国と日本の文化の違いから生まれる問題が存在する事。
また、後発参入した日本資本の学校には、
その多くが零細な資本や教育機関としてのノウハウの不足という問題がある事。
などが浮かび上がって来ます。

これらの御意見を踏まえ、(株)EIENは、
12年の試行錯誤を経ての経験と実績を有する、
在フィリピン最大手の韓国資本の学校と資本提携することにより、
その英語教育機関としての優れたノウハウを踏まえた上に、
更に日本人語学研修生のご要望に対応した生活環境の快適さを加え、
価格と環境と英会話習得効果との、いずれをも必ず御満足いただける、
日本人の為のフィリピン英会話学校の開設運営を開始いたします。

皆様の御成功と御満足を(株)EIENは追求いたします。
13:14:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
エイエンの目的
2006 / 10 / 23 ( Mon )
(株)EIENは、
English Institute & Entertainment Networkの略字で、
英語学校とエンターテインメント(文化や余暇)関連事業を、
展開する会社であります。

激変する昨今の世界情勢の中で、
英会話の重要性はいくら強調しても強調しすぎることはないと思います。

なぜなら、
英語は、グローバリゼーションの中で世界共通語として、
さらにその重要性を増しているからであります。

さらに、
狭き列島は、少子・高齢化や格差社会に苛まれて、
新自由主義や新保守主義が蔓延する日本で、
青年は這い上がれない未来に悲観し、団塊世代は定年をむかえても、
楽しい老後は見込めないのではないでしょうか。

大増税、年金未払い、
借金による国の財政の破綻などの背景で、
格差社会がもっと深刻化していく今後の日本社会では、
実力こそが生き残る手段になります。

特に英語は、
グローバリゼーションを考えたときに,
まず習得しないといけないスキルでもあります。
しかしながら国内での英会話の勉強は費用が高いだけでなく、
よい成果を上げることができません。
海外への留学も月に30-50万の費用がかかる欧米は一部の余裕のある人々のものであり、
庶民には高嶺の花であります。

弊社はこれからの日本社会での競争を勝ち抜き、
世界に羽ばたくために、
激安でしかも高いクオリティーの英会話教育を提供します。
そうすることで、
子供と青年には無限のチャンスを、
海外移住、海内外ボランティア等、
リタイア後も人生を楽しむチャンスを提供したく存じます。

弊社はグローバルな視点で文化の差に着目することで、
驚くべき低価格とクオリティーの高い各種サービスができ、
会社の成長はもちろん、
公共財として日本社会に貢献する企業を営んでいく所存です。

僭越ではありますが、
皆さんの夢を実現し、
より幸福な未来への道を導くために、我々スタッフはお供したく存じます。
すでにアメリカやイギリスは貧富の格差が広がり、
そのモデルを追いかけている日本社会も、
我々庶民が中流から下流に転落するのは時間の問題であります。
これらの経験則による法則に支配されるかそれとも法則を支配するか、
それはあなた次第です。
13:12:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家族滞在の体験談
2006 / 10 / 22 ( Sun )
ケイさんはバギオで知り合った方で、
私たちと同じ家族構成であるだけでなく、
その目的も一緒だったので、
すぐ仲良くなれましたw
ブログを始めた話を聞いて、
体験談を送ってくれましたのでアップします。


Keiさん(東京都、41歳の主婦)


今年2月主人だけを東京に残し、
小学校6年になる娘、
4年になる息子と私3人でここバギオに移住しました。

考えてみれば、
中学校、高校そして大学と結構な時間英語の勉強をしてきた割には
ろくに一言もしゃべれない。
そんなの当たり前だと思って普通に生活していけば、
まあそれもそれでいいでしょうけど、
しかし、私達の子供には一生英語に困る生活は
させたくないと決心してここバギオへ移住いたしました。

当初は、学校が始まる6月までたっぷりとまだ時間がありましたし、
何とか楽しみながら英語に自然に触れさせたいと思い、
娘はピアノやお絵かき、
息子は平日にはドラムや柔道、土日はここバギオサッカークラブで
現地の人々はもちろんクラブの半数を占めている欧米の子供達と
フィールドを走らせていました。

最初は慣れない環境で、
具合悪くなったりもしましたし、
コミュニケーションがうまくとれなくて色々と失敗もありましたけど、
6月になり、学校が始まってから子供達は毎日英語の授業を受けていますし、
今や算数も理科も一人で英語のテキストだけで勉強しています。

日本であんなに2-3年間英会話に通っても一向に
上達の兆しすらなかったのに。。。

ここバギオに来て子供達が本格的に英語の勉強を始めたのが
学校の始まった6月だから、ほんの4ヶ月しか経ってないのに、
朝夕の通学を一人タクシーで通うのは当たり前。
子供達だけで映画館にでかけ、映画を楽しんだり、
テレビをみながら爆笑してる姿をみるのは本当感動ものです。
電話はもちろんメールのやりとりやチューターのインタビューまで
一人で遣りこなしています。

その上、その時々に合ったチューターを選び、
今何を勉強するべきかに応じて、的確に指示、
誘導して無駄のない忠実な毎日を過ごしております。

私達は今Burnham Parkの目の前にあるマンションで暮らしております。
市内のど真ん中にも関わらず、
その公園のお陰で目の前の景色はいつも自然で一杯です。
それに、
エネルギーの有り余った10歳の息子のよい遊び場にもなります。
私は毎日そこを通り、
パブリックマーケットや大きなショッピングモールに出かけます。
買い物に出かける度にここの物価の安さ、
食材の豊富さには自然と顔が綻んでしまいます。

恐らく想像もつくでしょうけど、
私達がフィリピンに移住するまでは迷いも沢山ありました。
しかし、今の私はBurnham Parkを横切りながら、
つい口笛を吹いてしまうほどここでの生活を楽しむようになりました。

主人に毎日会えないのはとても寂しくなるかと思いましたけど、
想像したほど困ることはありませでした。
かえて、
今更一人の時間を充実に過ごすことに最初は少し戸惑いもありましたけど、意外とそれがやってみればちょっとやみつきになりますよ。
皆さんもご一緒にいかがですか?
11:44:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
会社のキャッチフレーズ募集
2006 / 10 / 21 ( Sat )
難しいです、いいのが浮かびません。
これはどうでしょうw?

驚くべき安さ、クオリティーの高さ、成功する英会話のエイエン!


もし、いいのがあれば教えて下さい。
採択しまして使わせて頂きますのでw
21:42:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
フィリピン留学のもう一つの魅力
2006 / 10 / 21 ( Sat )
一ヶ月間13万前後で贅沢な生活ができ、
しかも英語もマスターできるなら、
これだけでもかなり魅力のある話です。
しかし、
これだけでなく、
留学中にフィリピンの現地の旅行や、
現地からの香港とかシンガポールまたはタイなどへのパンケージは、
わずか1万円で、
二泊三日の旅行ができます。
もちろん、ホテル代も含まれてます。
普通の高校までの英語の水準あら、
2-3ヶ月で会話はできるようになるはず。
日本からなら高い旅行も、
現地からなら、激安でできます。
かなり魅力のある話だと思います。

00:29:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Ortigas周辺情報
2006 / 10 / 17 ( Tue )
Ortigasはショッピングモールと高級ビレッジが立地する、
マニラのなかでももっとも安全で快適な街です。
以下の写真は、
学校の周辺の雰囲気です。
モールの内部やコンサートホール、
そしてアジア開発銀行やフィットネス、本屋などです。



20061017180635.jpg

20061017180628.jpg

20061017180621.jpg

20061017180615.jpg

20061017180608.jpg

20061017180603.jpg

20061017180556.jpg

20061017180549.jpg

20061017180543.jpg

20061017180534.jpg

20061017180516.jpg

20061017180509.jpg

SSL10105.jpg

SSL10104.jpg

20061017180251.jpg

18:07:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ネイティブ?
2006 / 10 / 16 ( Mon )
「ネイティブ英語」の発音練習や、
「ネイティブの英語」を聞き取る練習ばかりやっても、
実は、お金と時間のムダになります。
そこで生まれたか、あるいは10歳の前にそこで住んでない人は、
そもそもネイティブ英語は無理です。

コミュニケーションが取れればいいわけ。
そのために、アメリカに行かなくても、
安くて効果のあるフィリピンは、
絶好の留学地。。。

その理由についてもこれから体験談を中心に、
話していきます。

03:14:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
(株)EIENの各研修費用の紹介
2006 / 10 / 16 ( Mon )
・研修費用

●登録費:1万円(マニラ校とバギオ校、オンライン英会話)

●研修費用:マニラ校-14.9万/4週、バギオ校-12.9万/4週

●研修費用に含まれるもの

一日 6 時間の授業(マンツーマン:月~金、Stay In Tutoringの場合は若干異なります。)
宿泊費(2人1室使用、個室も可能)
1日3食事、掃除と洗濯(週末を含む)

●研修費に含まれてないもの

航空券:各自で手配してください。
SSP 発行費: 5500ペソ(約12, 000円)
SSP(Special Study Permit) とは観光ビザで英語研修及び非学位過程 (Non-degree) に限定し、
6ヶ月以内の期間に限り合法的に勉強できる「特別勉強許可書」です。SSP はビザとは無関係で、 SSPを受けてもビザ延長は規定によって滞在する期間によって延長しなければなりません。
SSP 有効期間: 6ケ月
空港ピックアップ費(バギオ校だけ)
1-2 ケ月登録: 6000 円
3 ケ月以上登録: 3000 円
6 ケ月以上登録:無料
ビザ延長費:1ヶ月約2-3千円程度
小遣い:月1-2万円位なら足りると思います。

●払い戻し規定

研修途中に個人的事情によって研修を取り消す場合、日程に基づいて残りの金額の60%を払い戻しします。
研修の残り期間が2週未満の場合には払い戻しいたしません。
個人的理由による授業不参加の場合に対して払い戻しや再授業はしません。
グループ授業は受けなくてもその授業に対する払い戻しはできません。

*オンライン英会話の費用

A Type(20分)とB Type(40分) -午前9時から午後11までの間
A 20回クーポン:3万円 B 20回クーポン:4万円
A 30回クーポン:4万2千円 B 30回クーポン:5万5千円
A 40回クーポン:5万5千円 B 40回クーポン:7万5千円
A 50回クーポン:6万5千円 B 50回クーポン:9万円
02:45:41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
(株)EIENのオンライン英会話の紹介
2006 / 10 / 16 ( Mon )
●科学的根拠に基づく長期記憶システム

・ネイティブではない人が英語を話せるということは、まずは英語表現を暗記し、その活用の練習を通じて記憶に蓄えて、そして使いたいときに無意識的に言葉として発することができることを意味します。ドイツの心理学者Ebbinghausの研究によると、人間の記憶は時間の二乗に反比例するために、記憶してある英会話の文章は時間が経つにつれ急激に減少します。減少する記憶を長期記憶として永久に保存するためには、反復以外に効果的な方法はありません。しかしながら、無条件的な反復ではなく、忘却曲線の周期に従い、適切な時点で適切に反復を繰り返すと、永久保存する効果的な記憶に繋がります。

・弊社のオンライン英会話は、このような方法を通じて、効果的に英会話を身につけることができます。しかも、ご自身でご都合のいい時間(午前9時から午後11までの間)に計画的にレッスンが受けられるために、時間と場所にこだわらずに自由に英会話を身につけることができます。講師陣は多くがフィリピンの有名大学で英語教育を専門とし、長年の経験を積んできた優れた先生を選抜しております。マンツーマンのレッスンで40分間2000円という安さでクオリティーの高い英会話レッスンを提供させていただきます。是非この機会に(株)EIENのオンライン英会話を体験してみてください。

・オンライン英会話のコース(教材は各自購入)
- キッズコース:教材『Let’s go』を用います。遊び感覚で自然に英語を覚えます。
- 一般会話コース:教材『Communicator』ⅠとⅡを段階的に学習します。
- 時事討論コース:基本的な英会話の能力を前提にしたプログラムであり、タイム誌やニューズウィーク誌から厳選した記事を一週間前にメールにて送信し、その内容をチェックしつつ会話を進めます(教材不要)。
- READING Comprehensionコース:上記のコースをマスターした後に、reading bookを通じての英語能力をさらにアップさせる過程です。教材はCompas出版社の READINGシリーズ(very easy reading, easy reading, reading starter, reading successなど)を用いて行います。

- 授業道具:パソコンとヘッドセット(skypeまたはmessangerのインストールが必要)
- 授業方法:クーポンを購入し、6ヶ月以内の学習時間と日付を予約します(メールにて)。その予定に合わせてチューターがスカイプ等のソフトを通じて呼び出して授業をはじめます。
- 注意:レッスンの効果のために週5回が理想ではあるが、個々人の事情によってできない場合で
も、週2-3回を最低限のレッスンとします。そして、予約したスケジュールは月2回に限り変更が可能で、購入したクーポンは購入した時点から6ヶ月間有効になります。
02:42:51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
(株)EIENのバギオ校の紹介
2006 / 10 / 16 ( Mon )
●Stay In Tutoring

・バギオ校は、主にStay In Tutoringを中心に小規模で行います。

●自然環境の素晴らしさ

・バギオは年平均気温が20度前後で、日本の春や秋にあたる気候で、学習に快適な気候条件です。人口60万人中30万人が学生であり、最高の教育環境です。5つの名門大学があり、現地の大学生たちと自由に討論する機会が多く、相互文化交流を通じ、見聞知識や世界観を広げることができます。大統領宮と士官学校があるため、ほかの都市と違って犯罪率が非常に低く、市民も外国人に対して親切なことで有名な観光都市です。世界的な花祭りと歴史的な観光名所があり、毎年たくさんの外国人が訪れています。

●Stay In Tutoringの優れた効果

・フィリピンでの英語研修は 安い費用 (アメリカの1/3-1/5)とマンツーマン(1:1)授業方式、勉強に集中できる良い研修環境など、さまざまな長所で英語研修生に歓迎されています。費用の面だけでなく、研修效果面でもマンツーマン(1:1)研修方式によって他の欧米英語圏に比べ、短い時間でより大きな効果が得られるということが多くの経験者によって証明されているのです。このようなフィリピンでの英語研修の長所を最大限活かした新しい研修方式がStay In Tutoringです。これはチューター(Tutor、個人教師) と学生が小さなグループ(チューター2-3人、学生6 人/最大8人) として、独立された宿泊施設(高級別荘)で一緒に生活しながら授業時間だけでなく、日常生活を通じていつでも英語に接することができる研修形態です。Stay In Tutoringは授業時間を通じて英語を聞いて話せる訓練を受け、またその英語を日常生活を通じて実際の生活に適用して状況にあう英語を駆使できる能力を培うようにする研修方式です。

●24時間の英語漬け

・そして言語 (英語) と文化が密接な関係を持っているように、Stay In Tutoringプログラムは、24 時間英語講師と生活することで他文化に触れながら国際的な視野を育てるのに効果的だといえるでしょう。
・授業内容は一日6時間でマンツーマンが3時間、グループ授業が3時間です。グループ授業はマンツーマンでなくても効率を上げることができるリスニング授業に限ります。
・バギオに到着すると、まずレヴェルテストを実施します。テスト結果に基づいてレヴェルが指定されればレヴェルに合わせて教材が支給されます。主な使用教材はSide by side、Grammar spectrum、New interchange、More true stories、Small group discussions、AP newsなどです。

・バギオ校の一日の例。
06:30 ~ 07:00起床、 散歩や軽い運動、洗面
07:00 ~ 07:30 Listening → Watching Animation, Movie & News
07:30 ~ 08:30朝食
08:30 ~ 12:30 Special reading and writing class
12:30 ~ 13:30昼食と休憩
13:30 ~ 18:00 Conversation class
18:00 ~ 19:00夕食
19:00 ~ 21:00自由時間
21:00 ~ 21:30単語学習
21:30 ~ 23:00復習及び予習
02:41:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
(株)EIENのマニラ校の紹介
2006 / 10 / 16 ( Mon )
●歴史あるマニラ校はフィリピンでも最高の講師陣と教育システム

・マニラ校はマカティやオルティガスセンター街に立地しており、生活環境の安全性や周辺の施設の利用などで日本と変わらない快適な生活ができます。多くの学校やアジア開発銀行(ADB-ASIA DEVELOPEMENT BANK)や各国の大使館が立地しているだけで、その安全性と信頼性はうかがえると思います。ショッピングモールやゴルフ場、フィットネス施設等が徒歩10分以内距離にあります。歴史あるマニラ校は最高の講師陣を厳しい審査を通じて選抜しており、Reading Townというアメリカやカナダで検証された質の高いプログラムで運営されるため他校に比を見ない優れた教育ができます。TOEICやTOEFLのテストも認可されており、初心者から上級者まで多様な対応ができます。日本人のスタッフを常駐させて、生活の快適さと研修の質の高さに対しては満足いただけると思います。

・Package program
授業時間
08:00 ~ 08:25 Listening group class( level別)
08:30 ~ 10:00 Special reading and writing class
10:10 ~ 11:40 Conversation class
~ 12:50 Lunch time
13:00 ~ 14:30 Personal program (Grammar or TOEIC or TOEFL etc)
(1:1授業を追加する場合に1session当り2万2千円(20回分) )

- 1:1 授業中心のプログラムは学生の個性と能力を最大限に活かせる学生中心の学習です。
- 各々の学生のリーディングレヴェルをテストしそれを学習に最大限に反映するプログラムです。
- アメリカの図書館協会が推薦する教材とOXFORD,CAMBRIDGE, LONFMAN等の出版社の教材を用います。
- アメリカで公認されたREADING LEVEL TESTとOXFORD PLACEMENT TEST等を通じて学生のレヴェルを科学的に測定しつつ、個人別学習シラバスを作成して学習に反映します。
- レヴェルを単純に初級・中級・上級に分けるのではなく、アメリカの学年を基準に細分化して評価します。
- 語学研修の間だけでなく、その後もオンラインなどを用いて持続的な学習が可能になるように学生個々人に適合した学習計画を立てて行います。
- 宿泊施設も相談の後、現在のビレッジ以外にもコンドミニアムやホテル、ホームステイなどに代替することもできます。オプションとして各種レジャー施設も紹介します。
02:39:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボラカイ島
2006 / 10 / 15 ( Sun )
島の全景と海岸。

0.jpg


73.jpg

72.jpg

20:56:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
観光地セブの風景
2006 / 10 / 15 ( Sun )
セブにも韓国系の英会話学校が乱立してますが、
観光地としてはいいが、
学校の立地としてはよくないです。
普段は勉強に集中して、
週末くらい遊び歩くのがちょうどいいのではないかな。

result_2006_7_5_17_17_47_750_22-lo1406.jpg

result_2006_7_5_17_17_48_468_23-lo1406.jpg

result_2006_7_5_17_17_49_0_24-lo1406.jpg

result_2006_7_5_17_17_49_687_25-lo1406.jpg

result_2006_7_5_17_17_50_312_26-lo1406.jpg

result_2006_7_5_17_17_50_984_27-lo1406.jpg

result_2006_7_5_17_17_52_328_29-lo1406.jpg

result_2006_7_5_17_17_54_31_32-lo1406.jpg

result_2006_7_5_17_17_52_968_30-lo1406.jpg

20:49:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。