スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
フィリピンの講師の質について
2006 / 11 / 30 ( Thu )
(株)EIENのオンライン相談のところにフィリピン人の講師の質についてのお問い合わせがありました。
大事な問題だと思うので、
しかも、公開の質問でもあるので、こちらにも載せます。

質問)

具体的に、どれほどのクオリティーなんでしょうか?例えばフィリピン大学を卒業している、だとか、専攻が英語学だとか、そのあたりはどうなんでしょうか?もし、本当にいい先生の授業が受けられるなら、もう一度フィリピンで真剣に英語を勉強したいと思っています。
というのも以前、セブに語学留学しましたが、あまりのフィリピン人の先生の訛りに正直失望してしまいました。
また、先生とのフリートークの中で聞いた話なのですが、お給料がとっても少なく(一時間100ペソ以下だとか…)、能力のある先生は学校に属さないでプライベートで教えてるから語学学校にはあんまりいい先生はいないのよねぇ…、ともらしていました。
実際、良い先生を集めるにはお給料が高くしないと集められないような気がするのですが、貴校の授業料は他の語学学校と同じくらいで、本当にクオリティーが高いのか心配です。本当に真剣に勉強したいので、以前のような経験はしたくないのです。
どうぞ、そのあたりを、具体的に教えていただけたら幸いです。
よろしくお願い致します。

答え)

おはようございます。

>具体的に、どれほどのクオリティーなんでしょうか?例えばフィリピン大学を卒業している、だとか、専攻が英語学だとか、そのあたりはどうなんでしょうか?もし、本当にいい先生の授業が受けられるなら、もう一度フィリピンで真剣に英語を勉強したいと思っています。

弊社の講師の質や特徴にについては、以下のページで確認していただければ幸いです。
(株)EIENのHP
大部分の講師が一流大学の出身であるか、英語教育学を専攻しております。
しかも、講師への再教育も厳しく行っておりますので、

>というのも以前、セブに語学留学しましたが、あまりのフィリピン人の先生の訛りに正直失望してしまいました。

フィリピンには多くの韓国系学校が乱立しております。
その中にはおっしゃるとおりにひどい学校も多々あるかとおもいます。
語学事業は営利事業ではなく教育事業です。
しかし、韓国の空前の英会話ブームに乗って、
多くの営利だけを目的とする学校も多くできました。
そこには教育理念もなく、経験もなく、ただ金儲けだけが目的になっていますね。
そうなりますと、当然のようにコストを節減するために、
質の低い講師を雇い、食事などの生活についても全く満足できる状況ではないです。

訛りに関しても、経験がおありのようでよくご存じだと思いますが、
大学を出た人でそんなにひどい訛りの講師がいるわけがないです。
小学もでてない人なら別としてですね。
どの学校であったか存じませんが、
講師が何十人もいたはずでしょうけど、皆がそれほどひどい訛りの学校でしたら、
選択に問題があったのではないでしょうか?
いくらひどい学校でも多くの講師がいますので、
皆がひどい訛りであるはずがありません。
もしかしてアメリカの南部とか、イギリスの地方にいらしたことはありますか?
またはオーストラリアの都市以外のところとか。
たぶん、ひどい訛りでびっくりするはずです。

>また、先生とのフリートークの中で聞いた話なのですが、お給料がとっても少なく(一時間100ペソ以下だとか…)、能力のある先生は学校に属さないでプライベートで教えてるから語学学校にはあんまりいい先生はいないのよねぇ…、ともらしていました。

この点に関してもよっぽどひどい学校ではなかったんでしょうか?
弊社の方は、バイトではなく雇用しておりまして、
高い給料を払っております。
フィリピンでの英語講師はそのためにあこがれの職業であります。
学校の厳しい審査に落ちた人が個人でやすくバイトをやってる現状です。
これは当然、高い給料といい環境が提供されるところに、
優れた先生が集まるでしょう。


>実際、良い先生を集めるにはお給料が高くしないと集められないような気がするのですが、貴校の授業料は他の語学学校と同じくらいで、本当にクオリティーが高いのか心配です。本当に真剣に勉強したいので、以前のような経験はしたくないのです。

創業間もない頃でありまして、最大限の努力をしております。
利益よりはまずはフィリピンでの英会話の習得に関する認識を変えて、
これが今後につながることを期待していますので、
ハイクオリティーを実現しつつもコストを抑えています。
いってみればわかることですので。

>どうぞ、そのあたりを、具体的に教えていただけたら幸いです。
>よろしくお願い致します。

日本にはまだフィリピンという国に対する偏見があります。
英語の訛りに関してももちろんのことですが。

問題は効果の面で優れているかどうかだと思います。
低コストはもちろん選択の上でかなりのメリットですが、
効果がないことには選ぶわけにはいかない。

国内で高いお金を払って1年間学校に通い、英語が話せますか?
アメリカに1年間も留学に行ってきてぺらぺら話せる人は何人でしょうか?
フィリピンは、
まずは、低コストが魅力的です。
次に、物価が安いので、快適な生活が保証されます。
そして、母国語ではなく、第2言語なので、学習に関するノウハウがあります。
日本人が日本語を自然に話せるから教えるノウハウがないことと同じです。
最後に、戦後間もない頃貧しかった日本人が欧米人を羨望の目でみていたように、
日本人は綺麗で金持ちのイメージがあるのでどこへ行っても親切だし、友達になろうとします。
そうすることで、間違った英語を使っても、欧米のように馬鹿にされるのではなく、
聞こうと努力するし理解しようとして、やさしく返事をしてくれまして、自然に会話が進みます。
どこへ行っても楽しく英語で話すことができるので、
高校を出た水準なら、2-3ヶ月でぺらぺら話せるようになるわけです。

是非、弊社の語学院で経験してみてはいかがでしょうか?
学校の歴史と施設を確認していただければ終わりになると思いますが、
上で述べられたそのような学校ならもうつぶれているはずです。
韓国の方も目が高いので、
そのような学校がもしあるとしたら二度といかないでしょう。

それではよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
13:57:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<フィリピンで英会話 | ホーム | 文化に対する一考察>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://helloph.blog78.fc2.com/tb.php/112-c1a0ac27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。