スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
フィリピンでの英会話の成功のために
2006 / 12 / 02 ( Sat )
フィリピンでの英会話は安いからいいのではありません。
もちろん、欧米と比べてみたら5分の1から3分の1という破格であることは間違いないですが、
その効果の面でのメリットが重要だと思います。

しかしながら、
フィリピンだからといってすべての学校がいいわけではありません。
私は9ヶ月間の準備期間と3ヶ月間の現地での踏査を通じて、
ほとんどすべての学校を調べました。
韓国の空前の英会話ブームに乗って、雨後の筍のように、
一日何十校ができてつぶれて、お金になると思ってる若い人が、
次々と参入してる状況です。
当然、ひどい学校も多いわけであり、
中には日本市場にも参入をはかってる学校も増えている状況です。
少し安いからとってこのような学校を選んでしまうと、
やはり英会話の上達どころか、後悔して帰国することになるでしょう。

このような状況でありますので、
失敗しないためにはしっかり調べないといけません。
まずは、日本に本社があるか、それとも事務所があるか、
少なくとも提携先があるかを確認しないといけません。
個人にお金を振り込むこと自体が理不尽なことでありますので、
安いだけで選択してしまうと必ず失敗します。
法人ではない個人は、もし何かあっても責任をとらないし、
現地で問題があったときにも対処できませんので。
次は学校の歴史ですね。
フィリピン現地の激しい競争を勝ち抜いた学校はそれだけの実績とノウハウがあるからです。

以上の点だけしっかり調べておけば、
後は快適な環境でマンツーマンの授業を受けて、
英会話が上達していく生活を楽しめばいいと思います。

【ハイエナ戦法】の概要

驚くべき低価格とクオリティーの高さ!!!
英会話はエイエン!!!
スポンサーサイト
18:30:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<韓国語講座 | ホーム | 「英語でしゃべらないと(NHK)」「アジアの英語大国、フィリピン」>>
コメント
--日系企業の「英語化」が中国で進む--

増税×2で日本はこれから住みにくくなるのかも。
これからは世界を見て仕事選ばないと
いけないかもしれませんね。
--------------------------
日系企業の「英語化」が中国で進む2006年12月13日 10時32分
http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz06q4/520635/
中国の日系企業で社内用語を「英語化」する動きが広まって
いる。日本語にこだわると高度化する人材ニーズに応えきれ
なくなってきたためだ。
これまで中国に赴任する日本人は日本語で業務ができること
が当然のような空気が日系企業にはあったが、こうした
「幸運」もそろそろ限界にきつつあるようだ。


by: ぴりめん * 2006/12/16 20:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://helloph.blog78.fc2.com/tb.php/116-9569bc12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。