スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
(株)EIENのバギオ校の紹介
2006 / 10 / 16 ( Mon )
●Stay In Tutoring

・バギオ校は、主にStay In Tutoringを中心に小規模で行います。

●自然環境の素晴らしさ

・バギオは年平均気温が20度前後で、日本の春や秋にあたる気候で、学習に快適な気候条件です。人口60万人中30万人が学生であり、最高の教育環境です。5つの名門大学があり、現地の大学生たちと自由に討論する機会が多く、相互文化交流を通じ、見聞知識や世界観を広げることができます。大統領宮と士官学校があるため、ほかの都市と違って犯罪率が非常に低く、市民も外国人に対して親切なことで有名な観光都市です。世界的な花祭りと歴史的な観光名所があり、毎年たくさんの外国人が訪れています。

●Stay In Tutoringの優れた効果

・フィリピンでの英語研修は 安い費用 (アメリカの1/3-1/5)とマンツーマン(1:1)授業方式、勉強に集中できる良い研修環境など、さまざまな長所で英語研修生に歓迎されています。費用の面だけでなく、研修效果面でもマンツーマン(1:1)研修方式によって他の欧米英語圏に比べ、短い時間でより大きな効果が得られるということが多くの経験者によって証明されているのです。このようなフィリピンでの英語研修の長所を最大限活かした新しい研修方式がStay In Tutoringです。これはチューター(Tutor、個人教師) と学生が小さなグループ(チューター2-3人、学生6 人/最大8人) として、独立された宿泊施設(高級別荘)で一緒に生活しながら授業時間だけでなく、日常生活を通じていつでも英語に接することができる研修形態です。Stay In Tutoringは授業時間を通じて英語を聞いて話せる訓練を受け、またその英語を日常生活を通じて実際の生活に適用して状況にあう英語を駆使できる能力を培うようにする研修方式です。

●24時間の英語漬け

・そして言語 (英語) と文化が密接な関係を持っているように、Stay In Tutoringプログラムは、24 時間英語講師と生活することで他文化に触れながら国際的な視野を育てるのに効果的だといえるでしょう。
・授業内容は一日6時間でマンツーマンが3時間、グループ授業が3時間です。グループ授業はマンツーマンでなくても効率を上げることができるリスニング授業に限ります。
・バギオに到着すると、まずレヴェルテストを実施します。テスト結果に基づいてレヴェルが指定されればレヴェルに合わせて教材が支給されます。主な使用教材はSide by side、Grammar spectrum、New interchange、More true stories、Small group discussions、AP newsなどです。

・バギオ校の一日の例。
06:30 ~ 07:00起床、 散歩や軽い運動、洗面
07:00 ~ 07:30 Listening → Watching Animation, Movie & News
07:30 ~ 08:30朝食
08:30 ~ 12:30 Special reading and writing class
12:30 ~ 13:30昼食と休憩
13:30 ~ 18:00 Conversation class
18:00 ~ 19:00夕食
19:00 ~ 21:00自由時間
21:00 ~ 21:30単語学習
21:30 ~ 23:00復習及び予習
スポンサーサイト
02:41:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(株)EIENのオンライン英会話の紹介 | ホーム | (株)EIENのマニラ校の紹介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://helloph.blog78.fc2.com/tb.php/32-60fc7593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。