スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
フィリピンへの偏見
2006 / 10 / 29 ( Sun )
フィリピン移民局の発表によると、
2005年1月~3月の間に入局を拒否された外国人は305人でした。
その中で日本人が110人で、
中国人29人、韓国人28人、インド人17人、アメリカ10人など、
遙かに多い数となっています。
その入国拒否理由として、
パスポートの偽造、ヤクザ、往復チケットの未所有、移民局職員に対する傲慢な態度などが原因であることが発表されました。

フィリピンは出稼ぎで外貨を稼いでる国です。
香港でメード、欧米で看護士、日本でホステスというふうに。
英語を使うために日本への出稼ぎは、
日本語ができないために、コミュニケーションが取れないから、
メードも看護士もできないわけですね。

後は、893関係で、麻薬や銃などを持ち込んだり、
そこに逃げ込んだりするなど、
このような理由で悪いイメージばかりだと思います。

もちろん、貧富の差が激しいために、
貧困層が暮らす地域に入ると、
外国人が狙われやすいのは、ある意味では当然です。
人間が悪いのではなく、ものほしさで。。。
アメリカのニューヨークだって、
同じです。

旅行関係の情報にも、
ゲリラや反政府軍とか、クーデターなど、
まるで戦争時のように報道されます。
確かに、南の島には反政府運動やイスラム原理主義など、
危ない地域がありますが、
マニラやバギオなどがある、
本土の治安は全く問題ないです。
海外に行ったときに守らないといけない最小限の警戒だけでいいです。

デメリットよりはメリットが多ければ、
それをとるべきではないかなと思います。
わずかなお金で、日本では味わえない生活ができて、
日本では高くてできなかったことが何でもできるし、
特に、英語なんかは、2-3ヶ月で、
会話ができるようになるって、
かなりのメリットではないかなと思います。。。

私は家族をそこに滞在させているし、
3ヶ月以上の滞在で、
しかも、創業のための、踏査だったので、
ありとあらゆる場所や実情を調べてましたので、
だいたいのことは知っているつもりです。
英会話ではなく、他のことでもいいですから、
疑問点がありましたら聞いてください。
知らないことがあれば、現地のスタッフに調べさせてでも、
お教え致しますw
スポンサーサイト
11:55:32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<いざ、出陣!!! | ホーム | よしさんのフィリピン体験談>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://helloph.blog78.fc2.com/tb.php/56-5aac3cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。