スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ハングル講座2
2006 / 11 / 03 ( Fri )
昨日はハングルの文字について話しましたが、
今日はその前に、どのような関係であり、
どのような文字であるかを考えましょう。


●古くからの大切な隣人の言葉

歴史的に見ると、
古くから私たち日本人が享受して来た文化の多くが、
隣国から渡来した人たちによって、
もたらされたものということができよう。
また、現代の国際関係の中でこの隣国が占める位置も、
また日本にとって重要である。
日本人にとって大切な、この隣国の言葉、
韓国語を学ぶ意義はまことに大きい。

国際交流・相互理解は言葉の理解なしには成り立たない。
言語は、その民族の考え方・文化の基礎をなすものであり、
いわば民族成立の中枢要素だから、
隣国の言語を理解することは、
隣国の人々の考え方や文化を理解することに通じ、
隣国同士の交流・相互理解を深めることになる。

●韓国語の話し手

現在、南北に分かれ、韓国では韓国語、北朝鮮では朝鮮語と呼ぶが、
本来同じ言語である。
話し手の数は大韓民国が4327万人(1992年)、
朝鮮民主主義人民共和国が2219万(同)であるが、
中国東北にも約180万人がおり、その言語文化を保持している。
そのほか、日本に約70万人、旧ソ連に約40万人、
アメリカに約100万人が居住するが、
この中には母語を話せない二世、三世も多い。

●日本語とよく似た言語

韓国語は日本語と同じく、ウラルアルタイ系であって、
非常によく似た言語である。
下の絵を見てみましょう。

20061103050221.jpg


このように、英語のように後ろから訳するとか、
そういうのは全く気にせずに、
日本語と同じく、順番ではなく、
助詞によって、その単語の役割がきます。

また、文化的な類似点も多く、
たとえば、
目上の人の行動について言う場合には敬語を使い、
また聞き手との関係いかんではぞんざいな言葉遣いに変える必要もある。
このように、敬語が文法の中に組み込まれていて、
それが話題の人物に対する敬語と聞き手に対する敬語にわかれているのも日本語に似ている。

このように構造の上で日本語と非常によく似ていて学びやすい言語ではあるが、
文法の細部における違いや音韻・語彙の面での相違があるから、
やはり他の外国語を学ぶ場合と同じような周到さが必要である。


昨日の文字をより詳しくその組み合わせについて表したのが以下の絵である。

先ずは目を慣らしましょうw
明日から本格的に会話に入ります。

20061103045607.jpg



スポンサーサイト
04:56:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<エミさんのフィリピン英会話留学体験談1 | ホーム | ワンポイント英会話4>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://helloph.blog78.fc2.com/tb.php/68-b4a2ac80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。