スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ハングル講座3
2006 / 11 / 04 ( Sat )
母音は日本語より数が多く、エ・オ・ウにあたる母音にそれぞれ2種類の区別がある。
エとオにあたる母音は広狭の区別、ウにあたる母音は円唇・張唇の区別である。
なお、カッコ内に入れた母音は高齢者世代にのみある発音であり、
また若い世代は広いエと狭いエも発音し分けないから、
実際にはもう少し簡単な体系になる。
執筆:梅田博之(麗澤大学教授)

hatsuon01.gif



子音は表2に示したようなものがあるが、
日本語と特に違うところは、
破裂音などに日本語の清濁とはまったく異なる平音・激音・濃音と呼ばれる、
三つの音の区別である。
平音は語頭ではソフトな無声音で、語中では有声音になる。
激音は強い気音を伴う無声有気音、濃音は喉頭が緊張し、
子音から母音へ移る際、息がまったくもれない無声無気音である。
また、子音で終わる音節があるのも、日本人にとって難しい点である。

hatsuon02.gif

スポンサーサイト
00:53:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ワンポイント英会話6 | ホーム | フィリピンの変化>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://helloph.blog78.fc2.com/tb.php/72-76385c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。