スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
けいさんのバギオ体験談6
2006 / 11 / 16 ( Thu )
東京で一人寂しい思いをしているお父さんは、
“意地張らないで辛かったらいつでも戻って来いよ”って言ってくれるので、
別に意地張っている訳でもないけど、実は本当に心強い一言です。

うちの娘も、最初は何から何まで分からないことばかりで、
きっと不安でいらいらも多かったと思います。
きっと自分なりに色々と考えも多かったでしょう。
学校が始まって間もなく、
まるで何かに取り憑かれたかのように勉強に励んでました。

しかも、多くのフィリピノと少なくない韓国人の中で、
如何なる時と場合でも、
受け入れてほしくないことに無意識に染まったりも無闇に諦めたりもしない。
堂々と駄目なとこは駄目だと正していく勇気と力を持っています。

時には、
情けも容赦もなく英語でぶちまけ、相手を泣かしてるようにも見えますけど。(汗)
気が済まない時には日本語でぶちまけ、最早訳が分からなくなった相手はノックアウト。
そんな娘を見ていると、
気のちっちゃい私としてはちょっと気持ちいい時もあるのは事実です。(笑)

学校では、ホテルでのハロウィンパーティーなど見慣れてない行事も多くあって、
突然どうやって楽しめばいいのか訳の分からないことも多かった中。

ここバギオに来て間もない頃、
ブレントの校庭でばったり会ったNGOのSさんに向かって娘が、
“どうしてフィリピノと結婚する気になったんですか?”
余りにも突然で且つ失礼な質問でしたので、
一瞬私凍り付いてしまって目の前真っ暗でした。

私がここに移住までして、
子供達に教えようとしたことは英語だけじゃなかったです。
時間と空間を飛び越え、
ある特異な人種や文化などに囚われない思考力を養う為でもあります。
世の中で最も要らないことがあるとしたら、
それは偏見と差別だと教えて来たつもりです。

昨夜も、韓国人は食べるだけ食べて勉強することしか能がないと言った娘に
私言ってやりました。
あら、それで十分じゃないの?
美味しく食べて、学生が勉強に励んで何が悪いの?

本当に怖いのは何より無知です。
娘には時間を掛け自らの目と心でじっくり考えられるよう
何回でもチャンスを上げるべきだと思いました。

そんな中、ここ1、2ヶ月ほど前から、
ボツボツ娘が口にするようになった人間模様話も実に私を勇気付けてくれるものです。

例えば、
とても真面目で熱心に取り組んでいる担任先生のこと。

入学早々私とはトラブルがあって痼りが出来てしまった理科先生も、
教え方が上手くて、しかもとても褒め上手な優しい先生だと言っています。

どっちかと言うと、娘は社会という科目が苦手のようでしたが、
その社会の先生が唾と汗と一緒にジョークを飛ばしながら
余りも一所懸命なので、社会の時間はつい夢中になるとも言ってました。

音楽の先生は又私とは一波乱あった仲でして、
やはり子供達に愛情なぞさらさらないただの意地悪でした。
最近産休で休んでるお陰で、学生達も暫しのびのびしてる所だと聞いています。

リーディングの先生の授業はとても面白い科目なのに、
図体だけじゃなく態度もでか過ぎとか何とか文句を言っています。

やりかたも捉え方も人それぞれだけど、
人の気持ちは皆同じだと少しずつ分かってきたようです。
校長を始め学校の先生やお友達のことを楽しそうにぺらぺらと話したりと、

うちの娘は只今英語だけでなく、
お金では買えない沢山のことを身を持って学んでいる所だと思います。

ただ単純に正直ものの息子は、嘘もずるもできません。
ただひたすら不器用ですので少々時間は掛かりましたが、
その内周りが彼のことを分かってくれるようになりました。

あれじゃないとだめ。これじゃないとだめ。
ある意味、
何か他の多くを無駄にし、犠牲にして成り立つことだと思いませんか?

私個人的には、
ここで住みたいとは思っても、住まなきゃ駄目というのが無駄に見えて。
当初はさんざん悩んでいた学校のことも、
ここの学校じゃなきゃ駄目が又何かを犠牲にしそうな気がしてなりません。

世の中の常識というものは、実はそれほど違いのないことも分かってきました。
私達の中の素晴らしいものを立派に育てていく新たな始まりだとも思っています。
私達人生の中で二度とない貴重な今の時間を惜しげもなく過ごしたいです。

今は日本を離れ、
始めて見えてくるものがこれほど多いことに時々感動する毎日でもあります。
毎朝、ベッドで目を覚ますと考えます。
さあ、今日もわくわくどきどきの始まりだと。。。

スポンサーサイト
14:08:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<フィリピンで英会話 | ホーム | 団塊世代の未来>>
コメント
--たびたび~--

けいさん!丁寧にレスありがとうございました!
それに甘えてこれからも時々質問させてください!!

お子さんともども貴重な経験をして、毎日たくましく生活されている様子、とてもうらやましいです~
楽しみに読ませていただいています★

けいさんに触発されて、私も息子を連れて母子で留学&ロングステイを真剣に考えています。
というか、けいさんの最初のBBSを見たときから、自分が漠然と考えていたことを、実行されている人がいるんだ!と
すごく驚きまくってたんです(隠れファンです!)

先日、子供のパスポートが切れていたので、今更新中です。
それができ次第、バギオに数日子供と行って、
ISを見学する予定です。
考えてばかりだと不安ばかりで全然先に進まないので、
とりあえず、動こうと思いまして^^;
バギオってツアーもないかなり、静かなところなんですね^^;
航空券とって、宿とって、これから手配予定です~
着いたら、タクシーでも1日拾って、いろんなISを見てこようと思ってます。

日常会話は、なんとかなりそうですが(これから猛勉強?@@;)
学校のインタビューが聞き取れるか、冷や汗ものです・・・

ただ、今、学校の情報がないので、困っています。
実際にお子さんを通わせているけいさんからみての、
学校情報を教えてもらえないでしょうか?

ネットでいくつか見ているのですが、実際のところ、さっぱり分かりません、、、
お勧めのIS、見学したほうがいいISがありましたら、教えてくれませんか?
先入観なく、自分の目で全部確かめるもの必要だと思うのですが、落ち着きのない子供の手を引きながら色々回る気力がなくて(^^;
参考にさせてほしいです。

学費年間100万以下で、ISで、今小学6年生の息子が中学から通う学校を探しています。
マイペースでのんびり屋です、、遊ぶのが大好きで、誰とでも物怖じせず、友達はたくさんすぐにできると思うのですが・・・
勉強、努力が嫌いなタイプ?で(汗)ガリベン&教育重視の学校はちょっと・・・(汗)のびのび個性を伸ばせる学校希望です!?
英語力はあまりありません!(これからですぅぅ~)

色々書いてしまいすみません。
よろしくお願いします><


by: ★まりりん★ * 2006/11/17 16:04 * URL [ 編集] | page top↑
--まずはお子さんにチャンスを--

先ずは焦らないことです。
日本から飛行機で4時間。マニラからバギオまでは5時間ほど。
決してお子さんを連れて、とにかく来ちゃえば何とかなることでは
ないと思います。

子供自身が楽しめなきゃ始まらないことです。
まりりんさんご自分もそうですけど、お子さんに余計な不安や
先入観、無駄な苦労をさせることはお勧めできませんね。
じっくり時間を掛け、一つ一つずつ解決していった方が無理が
ないと思います。

ここの空気にも少し慣わせて、本場での体験勉強を通し、
始めて、英語力と共に希望に繋がり、
やがて、自分なりの目標も相性のことも色々と分かってくると思います。

それを先ずきちんと踏まれた上、その次を考えられたらいかが
ですか?
その段取りを損さんとご相談なさったらいかがでしょうか?
何と言っても外国だし、確かに素人の手には負えないことも
あります。
先ずは、英会話学校で2,3ヶ月慣わしてみて、
家のこと学校のことなど、お子さんとのご相談の上、
損さんにお願いされたらいいと思います。

私達が子供達の為掛けられる時間はたっぷりとあります。
数ヶ月だけの単なる語学研修とは訳が違います。
私達の子供の大切な人生の一部分が掛かっていることです。
日本と違って融通が利くことも沢山ありますので、
ご心配なさらずに。
生活面での細かいことは私で宜しければ、喜んでお手伝い
致します。

ある目標に向かって進むと決めたら、
試行錯誤も転換も恐れることない自由人の始まりです。
思った以上に、柵からも拘りからも自由になりました。
後は責任あるのみです。
by: けい * 2006/11/18 13:20 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとうございます^^--

心強いお言葉感謝です!

結構心配性?で、考えてばかりで堂々巡りなので、少し動かないとと思って、とりあえず、現地を見に行こうと思っています。

損さんやけいさんが書かれていることに、とても共鳴し、魅力を感じている人はたくさんいると思います。
でも、最初の第一歩を踏み出す、実際に行動をする、というところまでは、さらにかなりのギャップがあって、そこを埋めて進むための努力をしなくては、いつまで経っても今の自分を変えることも、新しい世界の楽しさを享受することもできないのだと一生懸命言い聞かせています。

けいさんのように行動を起こせた人から見たら、たいしたことがないのかも?しれないですが、まだまだ、こちら側?にいる人間には勇気が必要なのです><

今回の書き込みを見て、けいさんみたいに、今があってその延長線上に色々開けてくるという考えがなかなかできなくて^^;
ついつい、常に最初に目標を作り、それに時間軸をあわせ、今何をすべきかという、考えで動いてしまう性格です^^;
なので、かなり慎重に最初から予定を作りこんで??入っていくほうです。しかも、あらゆる可能性を想定しながら??
フィリピンに関しては、情報がなさ過ぎて、可能性を考えるのも偏った情報だけなので、無駄に思えてきました。

あと、今の私の考え方が子供に負担なのかもしれません。
けいさんのような考え方がうちの子供の性格にあってるんだなぁ・・・と読んでいて思いました。
子ども自身が楽しみ、意義を感じたら、自分のモチベーションで動き出すと思います。
今は、なんでもお尻を叩いてやらせている感じなので(汗)、
時間を多少かけても自分で何かを感じて前へ進む時間やら精神的余裕を与える事が必要ですね(汗)

私が何でもお膳立てしてしまうので、自分で選び取る時間も余裕も与えていなかったのだと思います。能力がないのではなくて、私がそのように仕向けていたのだなと反省しています。
けいさんのようにもっとじっくり構えなくては><

本来なら、今からでもそちらのローカルの小学校に遊び感覚というと何なのですが、いかせてみたいのですが、こちらの小学校をどうしても卒業したいという本人の希望があるので、
今年中に1回バギオを旅行がてら見学するのと、
3学期中に1ヶ月ぐらい語学学校に滞在して、旅行では見えない生活、英語という部分を体験させ、その先、どうしたいのかを
日本の学校に戻って卒業するまでに考えさせたいという流れで
考えています。

ISについて考えるのは、その後ということでいいのかな・・・
幸い、入学が6月とか、9月という話なので、それからでも間に合いますよね?
安部さんも9月入学制度を国公立大学にも導入するとかしないとかの話も出ているし。ますます、国際化ですね。
後は、とりあえず、自分で立ち回れるように英語を覚えなおします^^;

損さんには、先日メールを送ってあるので、そのうちに回答がもらえると思っています^^

留学はかな~り確率は高いと思うので、けいさんのお世話になると思います><
よろしくお願いします!!
by: ★まりりん★ * 2006/11/18 14:38 * URL [ 編集] | page top↑
--お互い様m(_ _)m--

あるフィリピノのクラスメートの男子は、
女の子達がいる所を通る時一々“ハイーレディース”とか言って、
まるで自分がレディースから大きな注目でも
浴びているように大げさな仕草で両手を広げるんですって、
それがどうしても日本のあのハードゲイさんのなり損ないのソフトゲイに見えて本当可笑しいって、
娘の話を色々聞いている内に私も段々と一人一人がとても愛らしく思えてきます。

娘は元々学校が大好きで38,9度位熱があっても先生の自宅
までわざわざお電話して、
今日はお熱でご迷惑をお掛けしますけど、私どうしても学校に行きたいですとお願いしてまで学校に行ってしまうほどでした。

ここでも学校大好き振りは相も変わらずで、
既に朝出かける時から、何か企んでいるような目つきで頭を少し傾け、“グッドモーニンググレード6” って言う理科先生のものマネから始まって、
帰りは、リーディング先生のあの豪華な態度で玄関を入ってくる。
毎日毎日よくも面白可笑しいネタを沢山運んでくれるので、
娘のお陰で夕飯の時は殆ど大笑い番組状態になります。

日本でも本当に仲のよかったお友達だけの送別会ビデオで。
誰もがしみじみとお別れを惜しんでいる映像を想像するでしょう
けど、沢山のお友達を誘い当時流行っていた、
“たまねぎ延ばして長ネギに、長ネギ縮めてたまねぎに
 武勇伝、武勇伝、あ!でんでんででんでん。。。“
明るく楽しく踊りまくってる映像ばかりで思わず笑ってしまい
ました。

本当誰に似てるんでしょう?
今年でやっと12年目の母をちまちまとやっている私を大きく
飛び抜けて、娘はぐんぐんと成長を遂げています。
実際160そこそこの私より身長までもずっと大きくなりました。
そんな娘に今までどれだけ救われたものなのか。..

今現在うちの子達が通っている所は、ローカル学校でもピンからキリまでありまして,それなりに中流以上のお子さん達が通って
いる学校だと分かりました。
来年どうしようかと子供達とも家族とも相談をしている中、
娘の方がマニラとか行ってみないと言い始めましたので只今検討中でございます。
温暖な気候で教育都市でもあるここバギオももちろん選択肢の一つではあります。
暫くは力を合わせじっくり考えてみることにしましたので、
よってご報告致します。


ここまで来るのには本当色々とありました。
考えてみると、感無量であります。
時には、
お互い様だと思わないとやっていけないことも沢山あります。
まりりんさんは本当に勇気のある方だと思います。
私なんか何にも考えず、人様のお助けと子供の言いなりだけで
のこのこここまできちゃたんですから。

手初めは、当たってみるだけでも宜しいと思います。
選択肢は何も居住だけじゃない。纏まった休みを有効に使う手もあります。その内沢山の方がご自分に合う方法を見つけられ、
成功を収めているのも事実です。
何れにせよお子さん自らが解答を出してくれるはずです。
この度は大きな成果をえられるよう心から願います。
by: けい * 2006/11/21 12:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://helloph.blog78.fc2.com/tb.php/99-81419c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。